新曲 ”ハナキリン” 投稿しました。

ハナキリン

 

お久しぶりです!!ナムです!生きてます。

新曲投下しましたー!イラストはアカシアの政木さんに描き下ろして頂きました!

「ハナキリン」
歌曲 : ナム
絵   : 政木
歌   : IA / MIKU

今回かなり歌詞が重いので、予めご了承を。

そして超自己満の楽曲解説。

まずタイトルから、ハナキリンはまんま【花麒麟】。
花言葉は「自立、独立、逆境に耐える」。

イエスさんが頭につけてた茨の冠がこの花だったっていう伝説から、
”Crown-of-thorns” ” Christ Plant” とも。
ちなみに海外のニコニコに翻訳アップロードした分はタイトルを「Crown-of-thorns」としています。

テーマはTwitter。っていうよりはこれはベースとなる媒体で、
ネットと現実のジレンマとか軋轢、二重人格のような、そういったものをテーマにしています。

ネットと現実ではかなりギャップがある人っていると思うんです。
それが善い悪いじゃなくて、こういった悩みや、過去の出来事とかトラウマとか、だんだん自分がよく分からなくなってくる。
誰なり少しは理想の自分や、演じている自分と、現実の自分の差というかスレていってる部分って持ってると思うんです。
そういった人に共感や寄り添えるような歌詞を書いていきたいなぁっと。

なので、ツイッター批判とか、ギャップがある人はいやだ!とかそういうのが軸ではなくて、
ある特定の人に向けて書いた、非大衆ポップスみたいな感じなのかもしれません。
何いってるか僕も良くわからなくなってきましたが苦笑

歌詞解説
サビの
“君がつぶやいた 死ね、と死ね、と。”
は基本的に僕の中でもアウトな歌詞で、これ自体で、僕が誰かを傷つけたら洒落にならんぞ、と苦笑
直そうか、と色々考えていたのですが、ツイッターとか2chのまとめサイトなんかで色んな人が死ね、とか書き込んでいるのを見て
あぁ僕もそういった言葉に慣れている人なんだなぁって。
境界線というのは大体、不明瞭で、不透明で、死ね、と言う側も、言われる側も、そんなに大きく違うのかなぁって。
理由もなく死ね、ってそんなこと殆ど無いと思うんです・・・。

そういう意味で、 ツイッターを軸にして、どれだけ歌詞を詰めれるかやってみよう。と。
なので今回は抽象的な言葉を紡いでいき、部屋の中など、自分の精神世界とかに篭って悶々としている感じを
言葉でもイメージさせていけたらっと。それを端的に表した言葉が”カランコロン”というワードです。繰り返しているのは勿論わざとです。
あと、悪魔。だって、僕も悪魔とか普通は使わないです笑

ダブルミーニングも今回は多めにしてみました。
また、今までは街とか、外とか、電車に乗ったり、移動している、開放しているような歌詞だったのですが、
今回は基本的に全部内側。
瞼を閉じて、とか、鍵をかけてとか。ベクトルを内側に向けるだけでも、だいぶ歌詞のストーリーは変わるものです。

まぁでもこうやって歌詞を解説してる時点でちょっとズレて来てるのかもしれないですけど苦笑

それでも、共感出来るような歌詞を書いていきたいなぁっと。
なので、楽曲が出来てからも何回か歌詞は修正してます。
パーソナルな視点は絶対に崩さず、あ、身近に私に似た考えを持つ人がいるんだ。って。そういうスタートを出来ればなぁって。

だって、中学生の頃、ニルヴァーナを浴びるほど聞いてましたけど、歌詞とか暗いとか欝とかそういうレベルじゃないですよ苦笑
カートの詩って。自壊的で、皮肉屋で、後期は意味もよく分からないし、適当なんじゃないかなぁってのもあるし、
かと思ったら凄くシンプルなのもある。結局、学校に行きたくない。とか笑
でも、それで僕はなんとなく共感してたし、救われてた。かっこいいと思ったし、凄く憧れた。

数を持ってない僕が言うのもなんだかカッコ悪いですけどw
毎回、きちんと歌詞やテーマは決めてますけど、僕みたいなのが書く楽曲を毎回聞いてくださったり、コメントや反応を下さる方の為に
楽曲のブラッシュアップももちろんですけど、もっと中に踏み込む歌詞を書いていきたいなぁっと。同じ目線で伝えられる歌詞。
いわゆる綺麗事やかっこよく見せる歌詞の書き方は、お休みしようと思ったんです。
僕も自分の歌詞には少し自信があるので、高校時代から独学で学んだことをもっと昇華させていきたいなぁって。

それで、今回こういった歌詞になったというわけです。
リトルバイリトルっていうのは少しずつ、だんだん、みたいなニュアンスで、カランコロンと同じぐらい重要なワードです。
これを入れるか入れないかで、4回はボカロエディターを起動し直しました笑

また、この歌詞は基本的に登場人物は一人しかいません。自作自演みたいなやつです。
分かる人にはきっと分かるかも。そういった歌詞なのかもしれないですね・・・。
こだわりは凄く持っていて、君 ”が” や 君 ”を” ”は”など細かいところも実は練りこんでます。

時間かけたから偉いってのじゃないところも音楽、歌の面白いところでもあるんですけどね笑

楽曲解説

正直に言うと、没曲です。オケ自体が僕の中でありきたり過ぎて、面白くないなって。
それに歌詞がデモ段階で重すぎて、逆に傷口えぐっちゃうよって・・・。

けれど、上記のように歌詞を少しずつ弄っていくと、なんだか絶対公開した方がいいような気がしてきまして。

オケ面白くないのはアレンジ力が無いから、だっと。また勉強して
最終的に
イントロABサビaサビbイントロ(大サビ)ABサビaサビb
→間奏→イントロ(大サビ)→転調イントロ(大サビ)→転調サビbイントロ→アウトロ。

という構成に。少し編成を抜いて、ギターをアコギに。
オケは盛り上げるというより、後ろでゆっくり演奏してる感じにしようと。

ツイッターでも言いましたが、二番のサビ辺りから、雨の音が入っています。
ビニールシートみたいなものに当たる雨の音でちょっとマニアックですが、
僕の部屋の中にいるというイメージを添えたものです。でもどう解釈して頂いても構いません。歌詞も同じです。

あと、気付いた方もいますが、三拍子の曲です。頭からお尻まで全部三拍子の楽曲です。
分かりにくいですが、ベースとピアノも繰り返しのフレーズはあんまり無いです。

分かりにくいですが、シンセもいつもと違って、アナログシンセの音源を。
ドラムはバッテリーで別々に3キット作って、アンビ、キック+スネア、鳴り物と分けて打ち込んでいます。

ただ、一番苦労したところはミックスで、音圧は全然あげていませんが、バランスは今までで一番綺麗かもしれないですね。
3日ぐらいずーっとミックスの勉強と並行して弄ってました。

間奏は今回は短めに、これも分かりにくいですが、たった4小節のここだけ管楽器や弦を大量に入れています。
ブラスバンドみたいな感じですね。サックスのソロは凄く気に入っています。
よくアコーディオンを使うのですが、それに合わせて今回はオルゴールの音もかなり広く使ってみました。

凄く長くなったのでここらへんで辞めときます苦笑

政木さんに頼んだら快く引き受けてくれ、本当にすぐラフを送っていただき、あっという間に動画になって投稿していました。
かなりイラストは気に入っています。
現実世界と仮想現実の混合というか融合ってドキっとしますし、これはやっぱり絵じゃないと描けないですよ。

本当にありがとうございます。
皆様もお暇なときがあったら是非聞いてみてください~。

あ、ミク誕に合わせて投稿しようとしたけれど、ビビッて今日あげちゃった感じです。
ミクさん誕生日おめでとうです。今回はそういった理由もあってコーラスはミク使いました。V3いつ出るのやら・・・。
グミさんはちょっとアタックが強いので、パワー出ちゃうかなって。

しかし、豪雨で福岡は大変なことになっております。
皆様もお気をつけてくださいね。 ナム

広告